bihasyo のすべての投稿

オメガ3脂肪酸は美肌を目指しながらスリムになれる

健康にいい油だと話題になっているのがオメガ3脂肪酸です。
青魚に含まれているDHAやEPAなどがこれに当たり、体の中では作り出せない必須脂肪酸ですから食事から取るしか方法がありません。

そんなオメガ3脂肪酸は健康にいいだけではなく、女性には嬉しい美肌にも役立ってくれます。
肌の潤いを保つためには水分だけでなく油分も必要です。
良質な油分を与えてくれるのがオメガ3脂肪酸で、肌を柔らかく保ってくれて栄養が届きやすくなるという特徴があります。
また、バリア機能を担うセラミドを作るのにも必要不可欠ですから、保湿全般に良い効果を与えてくれます。

血液サラサラ効果があるオメガ3脂肪酸は血行促進作用によって、酸素や栄養を肌のあちこちにしっかりと届けるサポートをしてくれます。
また、血行が良くなると肌の血色も良くなりますし、健康的で若々しい印象を与えられます。
代謝も高まってくれますから、ターンオーバーを正常化してくれて、肌トラブルの回復にも役立ちます。

炎症を抑える作用がありますから、ニキビや肌荒れなどによる炎症を鎮めてくれて、早く肌が回復するように手助けしてくれます。
また、ホルモンバランスを整える作用がありますから、ホルモンバランスの崩れによる肌の不調を和らげて美肌へと近づけます。

保湿や肌トラブル防止など様々な美肌効果があるオメガ3脂肪酸は、青魚だけでなく、亜麻仁油やえごま油、くるみ、チアシードなどに多数く含まれています。
食べやすい食品を上手く食事などで取り入れるようにして、インナーケアで美肌を作っていきましょう。
注意点として、オメガ3脂肪酸は加熱してしまうと効果が失われてしまいますから、生の状態で取るのが一番です。
魚ならお刺身、油ならドレッシングなどの加熱しない調理に生かすなど、摂取方法にも気をつけましょう。
くるみならおやつにも最適ですし、殻を割ったらそのまま食べられて便利です。

スーパーフードのチアシードはダイエット効果もありますから、美肌を目指しながらスリムになりたい女性にはぴったりです。

簡単!挫折しない!緑茶で美容習慣

美容に熱心な女性は、たくさんの美容方法やケア商品を試されたことがあると思います。スムージーやダイエット食品などを使って、身体の内側からキレイになる方法もたくさんあります。ですが、こういった美容食品は、続けてみてもなかなか効果が出ないとなると、どうしても挫折してしまいがちですね。

その点、普通に生活に取り入れられている食材であれば、さほど家計や作る手間にも負担をかけずに取り入れられる、というメリットがあります。その観点から、アンチエイジングを考える大人女性の皆様におすすめしたい日本のスーパーフードが「緑茶」です。

現在、欧米などでも緑茶の美容・健康効果がジワジワと浸透しつつあり、たくさんのフレーバー緑茶(各国産)のティーバッグが販売されているほど。ですが、日本の緑茶ほど健康によい成分が詰まった、美味しいお茶は類を見ません。

緑茶の中には、カテキンをはじめテアニン・カフェインなどの有効成分がぎっしり含まれています。抗菌・デトックス・リラックス、脂肪燃焼に食欲抑制など、緑茶を習慣的に摂取することで期待できる美容・健康効果は枚挙にいとまがありません。腸内環境を整えて美肌につなげる、食物繊維もしかり。美肌アンチエイジングの視点では、身体の酸化(=老化)を食い止める抗酸化作用のある、各種フラボノイドの存在が見逃せませんね。

心身をリラックスさせるテアニンと、興奮を促すカフェインが同時に含まれているので、ほどよい緊張感を持ちつつも穏やかな気持ちをキープできる、バランスのよい飲み物でもあります。

そんな緑茶を一日に数杯飲むことで、ごく自然な形で体とお肌のパフォーマンスを高めていきましょう。飲むタイミングとしては、「朝茶は福が増す」ということわざ通り、午前中に摂取するのが一番です。カフェインによる覚醒作用、精神高揚、基礎代謝力のアップなどが期待できます。

ですが午後からは、夜にむけて濃い煎茶は避け、カフェイン含有量の低い番茶や、ほうじ茶などを取るようにしましょう。こうすると、睡眠ホルモン・セロトニンの分泌に伴い、夜間のスムーズな睡眠へと移行できます。お肌を回復する上で美容に欠かせない、睡眠ゴールデンタイムもバッチリ享受できる、というわけですね。

飲むタイミングをしっかりわきまえて、いつもの美容習慣に緑茶を取り入れてみませんか?

思春期ニキビと大人ニキビではできる原因や対策が違う

まず、ニキビには二種類のニキビがあります。
それは、思春期にできるニキビと大人になってできるニキビです。

思春期にできるニキビは、皮脂が過剰に分泌することで皮脂が毛穴に詰まってしまうことでニキビになります。
なので、乾燥肌の人でも毛穴に皮脂が詰まるとニキビになってしまいます。

そしてできる場所ですが、おでこや頬、口の周り、あごにできます。
特にTゾーンと言われるおでこや鼻にかけて多くできます。
この場所は特に皮脂が多い場所です。

思春期ニキビの原因は、思春期は第二次成長期にあたるのでホルモンバランスが崩れやすくなります。
すると、男性ホルモンが多く分泌されるため、皮脂が多く分泌されてしまいます。

次に大人ニキビについてです。
大人ニキビは思春期ニキビと違い、肌の表面のターンオーバが崩れることで起こります。
ターンオーバが定期的に行われないと肌の角質層が剥がれずに分厚くなってしまいます。すると毛穴を塞いでしまいニキビになってしまいます。

また、できやすい箇所ですが、あごのラインに沿ってと口の周りです。
そして、大人にきびはなかなか治りにくく、再発しやすく跡が残りやすのが特徴です。

大人ニキビの原因は、睡眠不足、偏った食生活、喫煙や飲酒、ストレス、生理周期によるホルモンバランスの乱れ、化粧品の落とし残しなどがあります。

次に、それぞれのニキビ対策についてです。

思春期ニキビを治すためにはまず、正しい洗顔としっかり保湿することが大切です。
ニキビ専用の洗顔をよく泡立て顔を優しく泡で洗います。この時にゴシゴシ洗い肌に刺激を与えないようにしなくてはなりません。
また、皮脂が多い順番に洗うが大切です。

そして洗い流す時はぬるめのお湯でしっかり洗い流します。最後に冷たい水でひきしめると良いです。
洗い終わった後はしっかり化粧水で肌を保湿します。

その他には、緑黄色野菜や果物などのビタミンを含んだ食品を摂るようにし、睡眠をしっかりとることが大切です。

大人ニキビの対策も、思春期ニキビと同じように正しい洗顔をすることです。
この時、化粧が残らないようにしっかり洗うことが大切です。そして、古い角質をとるために定期的に肌のピーリングをすることも大切です。
そして、しっかり睡眠をとり、生活習慣を見直すことが大切です。
また、ターンオーバーを正しく行えるように適度な運動を取り入れ、血行をよくすることも大切です。

このように、思春期ニキビと大人ニキビではできる原因や対策が違ってきます。
それぞれに合った対策をすることが大切です。

夏の厄介な汗臭を改善する3つの方法

日本の暑い夏。
嫌でも汗が止まらない、体臭が気になる。
誰でも1度は経験したことありますよね?

そんな夏の厄介な汗臭を改善する
『3つの方法』
これを紹介します。

こまめな着替え

スーツで出社するサラリーマンの方々には、難しい事に思えるかもしれません。
でも、汗の臭い。これって取引先や同僚にも実はチェックされてます。
自分も周りの体臭気になったこと。酷い時は不快に感じたことありませんか?
それを周りの人にも与えているかもしれません。
ではなぜこまめな着替えなのか。
それは汗をかいたとき、臭いの原因は
生乾きや乾いた時に出る、カビ臭さ!
これを改善する1番の方法がずばり着替えなんです。
下着を着ている場合はそれも着替えるのがベストです。
それだけでも汗臭は大分改善できます。

朝風呂と締めの冷水

寝ている間に実は結構汗をかいています。
そのままにしていませんか?
これも夏の汗臭の原因です。
これを朝、シャワーやお風呂でしっかり流す!
これに尽きます。
ただ!それだけだと逆効果の場合もあります。
なぜか。
それはシャワーやお風呂に入ると、体温が上がります。
すると汗をかきやすくなり、余計に汗臭の原因を作ってしまいます。
そのためにすることが
風呂場から出る前に冷水、またはそれに近いほぼ冷水のぬるま湯で流す。
そうやって体の体温を逃がしてあげてください。
ジャバジャバ浴びる必要はありませんが
足から少しずつ。
そして手や首、脇。
この4箇所は最低でも冷やすと大分汗の退きもよくなります。
それでさっぱりした状態で出社、外出すれば臭いを気にせずに気持ちよく1日をスタートできます。

タオルとボディペーパー

そして必ず暑い夏にもって出かけて欲しい物。
それがタオルとボディーペーパー。
これはセットで使います。
汗が出たらタオルで拭く。
そしてボディーペーパーでベタベタを残さない。
ここで1つポイントがあります。
ペーパーの香りはあまり強くない物が良いです。
良い香りでごまかしたくなるのですが
逆効果になります。
汗をかいてしまった時に臭いが混ざって、逆に不快な汗臭の原因を作ってしまうからです。
夏に限っては香りは抑え目にすることが大切です。

どうでしたか?
今回は誰でも出来る
3つの方法を書いてみました。

夏は本来楽しい季節ですよね?
それを汗臭を気にして楽しめないなんて本当にもったいないです。

この3つの方法を実践してみてください。
今までの汗臭の悩みが少しは改善されると思います。

これで皆さんも楽しい夏を満喫し、日本の暑い夏を乗り切ってください!”