思春期ニキビと大人ニキビではできる原因や対策が違う

まず、ニキビには二種類のニキビがあります。
それは、思春期にできるニキビと大人になってできるニキビです。

思春期にできるニキビは、皮脂が過剰に分泌することで皮脂が毛穴に詰まってしまうことでニキビになります。
なので、乾燥肌の人でも毛穴に皮脂が詰まるとニキビになってしまいます。

そしてできる場所ですが、おでこや頬、口の周り、あごにできます。
特にTゾーンと言われるおでこや鼻にかけて多くできます。
この場所は特に皮脂が多い場所です。

思春期ニキビの原因は、思春期は第二次成長期にあたるのでホルモンバランスが崩れやすくなります。
すると、男性ホルモンが多く分泌されるため、皮脂が多く分泌されてしまいます。

次に大人ニキビについてです。
大人ニキビは思春期ニキビと違い、肌の表面のターンオーバが崩れることで起こります。
ターンオーバが定期的に行われないと肌の角質層が剥がれずに分厚くなってしまいます。すると毛穴を塞いでしまいニキビになってしまいます。

また、できやすい箇所ですが、あごのラインに沿ってと口の周りです。
そして、大人にきびはなかなか治りにくく、再発しやすく跡が残りやすのが特徴です。

大人ニキビの原因は、睡眠不足、偏った食生活、喫煙や飲酒、ストレス、生理周期によるホルモンバランスの乱れ、化粧品の落とし残しなどがあります。

次に、それぞれのニキビ対策についてです。

思春期ニキビを治すためにはまず、正しい洗顔としっかり保湿することが大切です。
ニキビ専用の洗顔をよく泡立て顔を優しく泡で洗います。この時にゴシゴシ洗い肌に刺激を与えないようにしなくてはなりません。
また、皮脂が多い順番に洗うが大切です。

そして洗い流す時はぬるめのお湯でしっかり洗い流します。最後に冷たい水でひきしめると良いです。
洗い終わった後はしっかり化粧水で肌を保湿します。

その他には、緑黄色野菜や果物などのビタミンを含んだ食品を摂るようにし、睡眠をしっかりとることが大切です。

大人ニキビの対策も、思春期ニキビと同じように正しい洗顔をすることです。
この時、化粧が残らないようにしっかり洗うことが大切です。そして、古い角質をとるために定期的に肌のピーリングをすることも大切です。
そして、しっかり睡眠をとり、生活習慣を見直すことが大切です。
また、ターンオーバーを正しく行えるように適度な運動を取り入れ、血行をよくすることも大切です。

このように、思春期ニキビと大人ニキビではできる原因や対策が違ってきます。
それぞれに合った対策をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です