夏の厄介な汗臭を改善する3つの方法

日本の暑い夏。
嫌でも汗が止まらない、体臭が気になる。
誰でも1度は経験したことありますよね?

そんな夏の厄介な汗臭を改善する
『3つの方法』
これを紹介します。

こまめな着替え

スーツで出社するサラリーマンの方々には、難しい事に思えるかもしれません。
でも、汗の臭い。これって取引先や同僚にも実はチェックされてます。
自分も周りの体臭気になったこと。酷い時は不快に感じたことありませんか?
それを周りの人にも与えているかもしれません。
ではなぜこまめな着替えなのか。
それは汗をかいたとき、臭いの原因は
生乾きや乾いた時に出る、カビ臭さ!
これを改善する1番の方法がずばり着替えなんです。
下着を着ている場合はそれも着替えるのがベストです。
それだけでも汗臭は大分改善できます。

朝風呂と締めの冷水

寝ている間に実は結構汗をかいています。
そのままにしていませんか?
これも夏の汗臭の原因です。
これを朝、シャワーやお風呂でしっかり流す!
これに尽きます。
ただ!それだけだと逆効果の場合もあります。
なぜか。
それはシャワーやお風呂に入ると、体温が上がります。
すると汗をかきやすくなり、余計に汗臭の原因を作ってしまいます。
そのためにすることが
風呂場から出る前に冷水、またはそれに近いほぼ冷水のぬるま湯で流す。
そうやって体の体温を逃がしてあげてください。
ジャバジャバ浴びる必要はありませんが
足から少しずつ。
そして手や首、脇。
この4箇所は最低でも冷やすと大分汗の退きもよくなります。
それでさっぱりした状態で出社、外出すれば臭いを気にせずに気持ちよく1日をスタートできます。

タオルとボディペーパー

そして必ず暑い夏にもって出かけて欲しい物。
それがタオルとボディーペーパー。
これはセットで使います。
汗が出たらタオルで拭く。
そしてボディーペーパーでベタベタを残さない。
ここで1つポイントがあります。
ペーパーの香りはあまり強くない物が良いです。
良い香りでごまかしたくなるのですが
逆効果になります。
汗をかいてしまった時に臭いが混ざって、逆に不快な汗臭の原因を作ってしまうからです。
夏に限っては香りは抑え目にすることが大切です。

どうでしたか?
今回は誰でも出来る
3つの方法を書いてみました。

夏は本来楽しい季節ですよね?
それを汗臭を気にして楽しめないなんて本当にもったいないです。

この3つの方法を実践してみてください。
今までの汗臭の悩みが少しは改善されると思います。

これで皆さんも楽しい夏を満喫し、日本の暑い夏を乗り切ってください!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です