美肌の障害、肌のくすみを徹底対策

現代は美肌ブームと言ってもよいほど、美容への関心が高い時代です。今回は、そんな美肌の障害ともなる肌のくすみについて、原因と対策を説明していきたいと思います。

くすみの原因は一つではなく、様々なものが考えられています。

一つ目は、紫外線です。紫外線の影響によって生じるメラニン。これが原因となってくすみが生じることがあります。具体的には、紫外線の防御作用として出来たメラニンが、肌のターンオーバーが正常に行われないことにより、肌に残ってしまい、黒ずんで見えてしまうというものです。対策としては、まずは紫外線をカットすること、UVケアが挙げられます。日焼け止めクリームなどを塗るのも効果的でしょう。またメラニンができてしまった場合については、肌のターンオーバーを正常に戻すために、睡眠をしっかり取ることが大事です。ビタミンCもメラニンを薄くすると言われ、効果的です。

二つ目は血行不良によるくすみです。ストレス、運動不足、冷え、睡眠不足などが原因で血行不良となり、肌の血色が悪くなり暗く見えてしまいます。睡眠をきっちり取ること、お風呂にしっかり浸かって体温を高くすることが対策として挙げられます。

三つ目は乾燥によるくすみです。肌が乾燥してしまう原因は色々ありますが、基本的な対策としては保湿をしっかり保つように心がけることが一番です。セラミドやコラーゲンなど有名な保湿成分で肌のうるおいを補い、乾燥肌を避けるようにしましょう。

四つ目は老化によるくすみ。年を取るにつれハリがなくなった、などとよく言われますが、これがくすみの原因ともなっています。老化は生理的な現象ですが、肌のターンオーバーを乱さないようにすることで対策を取ることが可能です。食事や睡眠、運動などライフスタイルの向上に努めることが最も効果的な対策となります。

くすみを失くすだけでぱっと顔が明るく、はなやいで見えるようになります。原因を知り、しっかりと対策を取って、あなただけの美肌を手に入れましょう。

しみができないようにするには肌に優しいオールインワンゲルで紫外線対策を
効かない・買ってはいけない制汗剤の特徴とは